1. プレハブ 中古
  2.  > 当社の特長

当社の特長

中古プレハブでご検討中のお客様は創業25年施工実績1,200棟のプレハブ工房へご用命ください。
通常、建築会社・建設会社様には常時設計士様が多数おられます。しかしプレハブ販売会社で設計士が常駐されているのは稀な例です。
弊社はスタッフに設計士がおり 適切にアドバイス致します。重量鉄骨に通じた設計士様は多くおられます。しかし軽量鉄骨に通じた設計士は非常に少なく希少で構造計算も全て自社にて行いますので安心かつコストにも反映しています。
また当社は近畿地域・中部・北陸の日本各地で施工事例・経験がございます。春先、梅雨の時期の施工、夏場の暑い時期の施工、冬場の積雪対策・防寒対策(壁やパネル)など四季折々の特徴がありますが、プレハブの土台となる地盤整備の基礎工事も四季により最適な方法がございます。
数々の経験により得てきたプロによる的確なご提案を心がけて対応致します。
プレハブの中古販売施工を行う当社の特長をご紹介します。
1

自社の「プレハブ専門設計士」が自由に設計+ご提案


プレハブ専門設計士 当社ではプレハブ専門の設計士が施主様のご要望をお聞きし、
在庫のあるプレハブの中古を自由に組み合わせて設計いたします。

 

専任の設計士ですので、プレハブの特性、強度などを熟知し、
施主様のご要望に最適な設計をご提案いたします。

 

多くの中古プレハブ業者は設計士を外注でまかなうため、
割高になったり、施主様のご要望通りにならなかったり
します。

 

その点、当社は自社の設計士ですので、施主様のご要望に
最適なプランを低価格でご提供できるのです。

 

施工難易度の高いプレハブ工事


①の物件について…
この高さは軽量鉄骨の限界です。躯体・土台・火打ち・ブレースなどの補強を経て完成致しました。プレハブは内部足場があると施工出来ない為、ローリングタワーを数基設置・移動させながらまた作業員の安全も確保しつつ施工しました。

 

②の物件について…
敷地幅一杯に採寸し特寸にて施工。ミリ単位で作成し加工・現場組立いたしました。敷地目一杯にと云う要望をクリアー致しました。 もちろん法規制もクリアーしています。軽量鉄骨にはねじれがつき物、それをうまく矯正して施工しました。

 

オーダー施工事例

日本各所で春先、梅雨の時期の施工、夏場の暑い時期の施工、冬場の積雪対策・防寒対策(壁やパネル)など四季折々の特徴がありますが、プレハブの土台となる地盤整備の基礎工事も時期により最適な方法がございます。
小型・中型・大型と数々の施工経験により得てきたプロによる的確なご提案を心がけて対応致します。


2

中古にはみえない品質・オーダーメイド


中古には見えないオーダーメイド プレハブの中古といえども、当社が扱う中古材は
万全の体制で整備・管理を行っております。

 

施工時は外壁を張り替え、鉄骨は塗りなおします。
新品のプレハブにも決して引けを取らない
仕上がりでお引渡しいたします。

弊社はリース事業も行っており大量の在庫がございます。常に専門のスタッフが工場の管理を行っており、その為いつも一定の資材がすばやく出荷出来ます。設計士からの指示を受け部材を加工し塗装し整備して出荷致します。

 

中古であっても新品のようなプレハブをご提供したい!
当社の品質管理はそのような考えに基づいています。

 

※弊社ストックヤード …近畿であれば京都市・京都府久御山町・大阪府狭山市・奈良県葛城市より出荷しています。


3

「基礎工事から本体工事まで一貫」 して施工


基礎から本体工事まで一貫対応 まず見積もり依頼のご照会を頂いた時点で基礎・本体工事の見積もりをお出しします。この中で基礎はあくまで標準基礎での見積もりでお出しします。
そしてお話が進めば当社担当者が直接現地を訪問して採寸・傾斜などの状況を確認致します。下見の結果をもとに再度、さらに詳細な見積もりをお出しします。
プレハブの場合、躯体重量が軽いので2階建て・大型建物以外は余程軟弱地盤でない限り地盤調査は不要です。
その辺りの判断も下見の際に致します。2階建ての場合は地盤調査が必要です。この作業は専門業者に依頼して行います。調査費用は50,000円程度で、この結果を基に基礎の設計・見積もりを致します。地盤が軟弱な場合は地盤改良を行います。
これは地盤の中に地盤改良材を混入して硬化させる作業です。この作業は㎡5.000程度の費用です。なぜ地盤改良をするかというと不同沈下を防ぐ為です。いくら賢固な基礎を施工しても地盤ごと下がれば何の意味もないからです。
プレハブの基礎は、一般的にベタ基礎にて施工します。これは外周の立ち上がりの無い基礎で安価で賢固な基礎です。地盤改良の後砕石を搬入し、これを50mmの厚みで敷き詰め点圧をかけます。その上に捨てコン50mmを打設、防湿シートを敷きその上にワイヤーメッシュを固定そしてコンクリートを100mm打設します。砕石やコンクリートの圧みは使用用途・地盤の状況により異なります。一般的な基礎で㎡15,000程度です。
基礎工事の一般的な期間は約1週間。そして基礎養生期間1週間(硬化期間)です。そののち本体工事へと移ります。
このような事をご覧な通り基礎は建築上大変重要な要素であり省けない作業といえます。

基礎工事


4

確実な地盤調査・改良施工


地盤調査、改良 スタンダードなプレハブ小屋、事務所、倉庫、ユニットハウス、仮設トイレ等の設置するその地盤となる土地、土壌を確認致します。
今後、安全に末永くご使用いただけるために土台がきっちりしていなければ元も子もありません。
現地にて地盤調査の数値を弊社設計士が確認致します。
改良が必要と数値が出た場合、地盤改良の規模を算出します。
その数値を元に弊社専任土木会社により地盤改良施工。
ユンボーにて掘削・改良材を混入して撹拌、ロードロラーにより点圧。これにより強固な地盤が完成します。


その作業の後基礎工事を着工します。 これも各業者様の間に弊社専任設計士が常駐している為工程がスムーズに流れ、各単価もチエックする為安価に施工可能です。


5

アフターサービス・メンテナンスも対応します!


サビ対策・メンテナンス

末永くプレハブを快適にご利用いただくために弊社ではメンテナンスやアフターサービスを行っています。特にプレハブは鉄骨造なので一番はサビ対策が重要です。これには塗装が一番です。
一般住宅と同じ様に10年15年に一回、再塗装すれば中古プレハブといえど30年40年持ちます。
アフターメンテは主に再塗装を行っています。外観、内観、その他気になる点がございましたら修理・補修いたします。


6

コストパフォーマンスがいい


当社の特長3イメージ 当社はプレハブの中古をオーダーメイド仕様のように
自由に設計して、施主様のご要望にお応えして
おりますが、費用は新棟プレハブの70%程度に
抑えてご提供させていただいております。

 

施主様に満足していただけるコストパフォーマンス、
それこそがプレハブの中古を手掛ける当社を選んで
いただけるメリットと考えております。

※当社の中古プレハブのメリット 坪単価6万円(本体価格 ※在庫状況によりことなります)から作成致します。


プレハブの中古でオーダーメイド仕様 見積り・お問合せフォーム

見積り・お問合せフォーム
このページの先頭に戻る